読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

10代のおじいちゃんの徘徊紀

自称「ユーモアと嘘に溢れたエッセイ」を書いていこうと思う。

毛穴

下克上受験を見た。

そして、どうしたら学校で周りの人から「こいつ勉強なんかして、頭いい子ぶりやがて。」と嫉妬の念を持たれずに済むかを考えた。

そこで小生、次のような提案をしたい。

もし周りから「お前なんで勉強なんかしてるんだよ。」と聞かれたら、ここ言い返すといい。

「私は一定の期間勉強をしないと、身体中の毛穴という毛穴から体毛がクロマニョン人のように生えてくる奇病なの。」と。

きっと、いろんな意味で一目置かれた存在になるに違いない。